忍者ブログ
本能の赴くままに日記や小説を書いています。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


またもや逆行ネタ。もちルーク逆行ですよ。書きやすいし…まぁ、別に逆行じゃなくてもよさ気かもしれませんが…
今回のネタは逆行ルーク+レプリカジェイドです。自分を実験体にするようなジェイドが自分のレプリカを造ってないはずがない!!という考えから出てきたネタ。実は前から考えてたり(笑)
始まりはアクゼリュスです。ルークは落としてません、ヴァンの仕業です。でも、仲間達はアッシュの言った事を信じてルークが落としたのだと思い込んでます(あれっておかしいですよねぇ、散々邪魔してきた敵をあっさり信じて、今まで一緒に行動してきたルークを信じないなんて…。ルークが「意外に優しい(ティア談)」のも人を殺すのに抵抗を持ってるのも知ってるのにさぁ…)ルークはユリアシティから別行動です。ユリアロードで一人、外殻大地へ…
レプリカジェイドと会うのは何処がいいかなぁ…ケセドニア辺り?マルクトはやばいだろうしね。うん、ケセドニアという事で☆本編の事とか全然考えてないし。で、レプリカジェイドに遭遇。レプリカジェイドは一瞬見ただけじゃジェイドとはわかりません。眼鏡ないし(眼鏡はジェイドのアイデンティティ/違っ)軍服じゃないし分け目も違うし(ルークと髪下ろしたアッシュみたいに)ぱっと見別人。だけど、ルークはジェイドが別の服着てるの見た事あるし(リゾートキングとか/笑)眼鏡外したとこ見た事あるから(譜眼イベント)ジェイドと間違えます。こん時はまさかレプリカだとは思ってませんよ。ただ、何でジェイドがここにいるんだ?って感じです。ユリアシティに置いてきたのに…って。とりあえず呼び止めます。「ジェイド…なのか?」みたいな。レプリカジェイドびっくりして立ち止まります。まさかこんなとこで被験者の事を知ってる人間に会うとは思っていなかった…と言うか、今までそんな人間いなかったので。『ジェイド』で立ち止まってしまったのでジェイドの旧姓バルフォアを名乗ります。レプリカの事知らない人はこの名前知らないと思うしね。だ
けど、相手は逆行ルークです。当然バルフォアがジェイドの旧姓だと知ってます。そして、今のジェイドは絶対バルフォアを名乗らない事も知ってます。なので、お前誰だよ?って事に…。レプリカジェイドはバルフォアの名を知っていた事でルークを研究者と勘違い。コンタミで槍を取出します、被験者同様ね。レプリカジェイドは被験者が大嫌いです、シンクみたいに。特に自分の被験者とレプリカ研究者は憎んでます。ルークはいきなり槍を取出した事にびっくり。で、コンタミで出した事にもびっくりです。「え?マジでジェイドか??」って混乱。しかし、いきなりジェイドが警戒を解いて槍を仕舞います。寧ろ喜んでる感じ。ルークは展開の早さについてゆけません。レプリカジェイドが警戒を解いた理由はルークが『仲間』だとわかったからです。何でわかったかって?そりゃ愛の力…ではなく譜眼の力なのです。
そもそも、ジェイドが自分のレプリカを残しておくはずがありません。失敗だとわかったら即廃棄ですよ、昔のジェイドは…(ジェイドの考えが変わったのってどの辺だろ?大地降下の中盤辺り?)レプリカジェイドも失敗と判断され廃棄されます、こう…槍でザクッと?ディストがいたら勿体ないと止めるか、ジェイドの失敗作なんて価値はない…と傍観してるか…。この頃はディストは多分、マルクトの軍人(ってか実質は研究者)ですよね?(ジェイドがレプリカ研究してる頃は…)幸か不幸か…ディストはその場にいません(いても良いけどね)レプリカジェイド、あっさり乖離します。ジェイドは乖離していく自分のレプリカを冷たい目で見た後、また研究を再開。アレ?レプリカジェイド消えたじゃん…とかツッコミはなしです。だって捏造ですから♪
レプリカジェイドは一回消えますがジェイドも想定外な事が起こります。レプリカジェイドは確かに劣化してるし、ジェイドの求めていたモノには程遠かったんですけど、ジェイドみたいに第六まで使えない代わり第七譜術士の素質があったんです!(何たって第七音素で出来てますし)なので譜眼の作用により周囲から第七音素を集める事ができるんです。レプリカジェイドは譜眼の使い方なんて知りませんでしたが、死にたくないの一心で自分を構成出来るだけの第七音素を集めます。集めるだけで、まだ構成しませんがね…。レプリカジェイドは今、再構成したらまた消されるのを本能で理解しているので、その状態のまま移動して外に出ます。そこで言葉など生活する為の最低条件を覚えたり、思考能力を発達させたりしてからグランコクマから離れた所で身体を構成。殺しても死なないレプリカ完成☆最強です。その後はマルクトに近付かないように旅をします。コンタミはその途中で使えるようになりました。
まぁ、って事でルークがレプリカだと気付いたのは譜眼で譜術に使う音素を集めようとしたらルークからも引き寄せられてきたので、おや?みたいな。ってかレプリカジェイドは譜眼を意識的に使えば第七音素だけ目に見えるとか?で、いっか!
ルークが自分と同じ生体レプリカだと知ってレプリカジェイドは喜びます。まさか仲間が存在するなんて思ってませんでしたから。レプリカジェイド、喜々として自己紹介。「ジェイド・カーティスのレプリカです。よろしくお願いします」と邪気のない笑みを浮かべながら…(精神年齢15くらい)ルークはジェイドのレプリカって事よりその笑顔に驚くよ、きっと(笑)
その後レプリカジェイドは初めて会えた同族と離れたくないのでルークと一緒に行動するようになります。ルーク至上です。実は一目惚れ(笑)ジェイドと好みとか同じなのでめっちゃ対立します。たださえレプリカジェイドは被験者が嫌いなのに……
終わりとか全然考えてません。ただ、ジェイドがルークとられて一番悔しい相手は誰だろーなぁ~とか考えたら思いついただけですし…。いや、ジェイドは好きですけどね、なんとなく…

拍手[9回]

PR

Comment
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[83] [82] [81] [80] [79] [78] [77] [76] [75] [74] [73
«  Back :   HOME   : Next  »
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新CM
[08/26 猿渡 火奈美]
[08/26 名無しの腐女子(笑)]
[07/12 リク魔人sei]
[07/28 たま]
[07/28 たま]
プロフィール
HN:
霧崎
性別:
女性
ブログ内検索
アクセス解析
バーコード
忍者ブログ [PR]