忍者ブログ
本能の赴くままに日記や小説を書いています。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


「…俺にはもう、あんたのトコにいる理由はない。あんたへの恩義はきっちり返したつもりだぜ?」
「あぁ。釣りがくるくらいだ。」
「利子だよ、利子!!有り難く受け取っとけ!」
エドワードがそう言うとロイは「そうするよ」と笑って頷いた。
「あんた、何のつもりだ。あんたに俺の行動を制限する権利も干渉する権利もない!」
「あるじゃないか。私は大総統で君はその部下。」
「だからっ」
そこでエドワードは言葉を切った。
ロイの目の中の焔を見たからだ。
今までの比ではない、爛々と燃えたぎる焔を見たからだ。
…この焔は危険だ。
「誰が君を放すものか。君は私が見つけたんだ。君は私を見つけたんだ。だから、もう手遅れだよ、鋼の。」
そう言って、愛しそうに頬を撫でるロイをエドワードは動けずにじっと見つめた。
撫でる手とは違ってロイの目は全然優しくなんてない。
「君がいくら逃げても無駄なんだ。私は絶対に逃がさないからね。帰っておいで…」
「なんで…」
「何で?おかしな事を訊くものだ。君がいなければ駄目なんだと言っただろう?」
「それはっ!!」
「君が言いたい事はわかっているさ。確かにヒューズへの思いと似てはいたよ。ちゃんと考えたさ、じっくりとね。だが、似て非なるモノだ。奴にはこんな気持ち抱いた事などない。勿論、他の人間にもね。」
「こんな気持ち?」
「独占欲」
あっさりと、しかし、しっかりと言い放った言葉はロイにとって無縁だったものだ。
そしてエドワードにも予想もつかなかった言葉だ。
依存はしているだろうと思っていたが独占欲なんてあるとは全く思わなかった。
ロイがエドワードにみせた執着は家族愛のようたものでしかなかったし、周囲もそう感じていたとはっきりわかっていたからだ。
「お前は俺の物だ。文句は言わせん。」
「っ俺は物じゃ」
「言い方が悪かったか?だが、取り消さない。お前は俺のだ、エドワード・エルリック。誰にも渡さない、俺だけの物だ。」
エドワードはロイの目の焔が更に燃え上がったのを見た。
そして悟った。

逃げられない……

「俺の意思は無視かよ…」
「すまない。私は君が言った通り子供なのでね。耐え切れないのだよ、君がいないのは。それに、私はもう何処へでも君を道連れにすると決めてしまったからね。」
何を勝手に、と言えなかった。
塞がれたから、とまで言えば見当はつくだろう。
文字にするまでもなくエドワードが反論する前にロイが唇で言葉ごと塞いだのだ。
「…歪んだ愛だと自覚しているが…受け取ってくれないかい?」
懇願のような口調なのに声音と表情、何より目の中の焔がそれを裏切っている。
「……どーせ返品不可なんだろ。」
「わかってるじゃないか。」
そう言って笑う目の前にいる男は本当にムカつくのに何故、恨みきれないのか謎だ。
「もう君を放したりはしない…」


「どーゆー事ですか、大総統閣下!!」
「君にそう呼ばれると照れるね。」
「厭味に決まってるじゃないですか。そんな見え透いた嘘なんかどうでもいい。兄さんは退役届けを出したんでしょう?貴方に兄さんを束縛する権利なんてない。」
アルフォンスの言葉にロイは苦笑する。
どこかで聞いたような言葉だ。
「兄弟揃って似た事を言うものだね。」
「僕と兄さんですからね。…どーせ、押し切ったんでしょう?兄さんって意外と押しに弱いですから。ほら、兄さんって生まれながらの兄属性だし。」
言葉の一つ一つに棘を感じる上に否定できないところが痛い。
押し切ったとしか言いようがないから。
昔はエドワードの方がきついと思っていたのだが…とロイは遠い目をした。
「僕より兄さんの方が優しいですよ。」
心の声まで聞くな、このブラコン。
「そろそろ兄さんを僕たちに返して下さっても良いと思いますけど?」
「しかし、鋼のはどっちにしろ旅に出るつもりだと…」
「愚問ですね。」
ハンッとアルフォンスに鼻で笑われてマジで落ち込むロイ。
誰か昔の素直で優しいアルフォンスを返してくれ。
「ごめんなさいね、アルフォンス君。この人、エドワード君がいないと仕事してくれないのよ。」
そう言いながら話に入ってきたのはホークアイだ。
鷹の目がこの男を一人で寄越すような真似をするはずがない。
「そう言いながらリザさんもエドの事、狙ってるんでしょ~!」
アルフォンスの後ろから現れたウィンリィの言葉にロイもアルフォンスも驚く。
そんなそぶりは見た事なかったのだが…
「えぇ、その通りよ。流石はウィンリィちゃんね。」
「女の勘を嘗めないで下さい。それにあたしはエドの幼なじみですよ?」
説得力があるようなないような…
しかし、特にロイには他の点が気になっていた。
「ききききき君!!本当に鋼のを狙っているのかね!?」
「はい、そうですが…何か?」
「何か?ではない!!私が鋼のの事を好きな事を」
「知ってます。それが何か?恋愛は個人の自由だと認識していましたが。」
ホークアイの言う事は最もだ。
恋愛は誰かに制限されるものではない。
「しかしだねっ」
「アルフォンス君。だから安心してエドワード君を預けてくれないかしら?この無能にエドワード君を任せたりしないから。」
「でも…准将も兄さんの事狙ってるんですよね?任せるに任せられないんですけど…」
確かにそうである。
「大丈夫よ。私は手を出したりしないから。絶対に無理強いとかもしないし。」
そうだろうと言われた言葉に確信が持てるのは彼女が彼女だからだろうか?
他の人に言われても先程のように一蹴してしまうのだが…。
「…わかりました。僕は涙をのんで兄さんを送り出しましょう。…ただし!」
アルフォンスはロイに向けて指差す(あぁ…昔、エドワードに人を指差しちゃ駄目だと言っていたのは何処の誰だったか…)と
「休みは一週間に確実にニ度!そしてその日は僕たちに兄さんを独占させる事!!!」
と高々に宣言した。
その内容にロイは青くなる。
「無理に決まっているだろう!大総統補佐官だぞ?それに一日でも鋼のに会えないなんて耐えられるか!!」
思い切り、私情だ。
「じゃあ許可できません。自慢ですけど、僕は貴方より兄さんをオとすのが上手いんですよ。」
うっ、と詰まったロイに代わってホークアイが「わかったわ」と了承した。
彼女が了承したのなら大丈夫だろう。


知らぬ間にそんな契約が成り立っているなど荷造りをしている当人は思いもしないだろう

拍手[5回]

PR

Comment
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[9] [8] [7] [6] [5] [4] [3] [2] [1
«  Back :   HOME   : Next  »
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新CM
[08/26 猿渡 火奈美]
[08/26 名無しの腐女子(笑)]
[07/12 リク魔人sei]
[07/28 たま]
[07/28 たま]
プロフィール
HN:
霧崎
性別:
女性
ブログ内検索
アクセス解析
バーコード
忍者ブログ [PR]