忍者ブログ
本能の赴くままに日記や小説を書いています。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


グレルーク↓↓↓



「久しぶり。元気みたいだな。ゴキブリ並の生命力だ。」
「えぇ。貴方が出てこない分、楽でしたよ。しかし、ゴキブリ並の生命力とは新聞で叩かれたら死ぬと言う事ですか?」
「ははっ。そんくらいで死んでくれるほど可愛くねぇじゃん、アンタら。ヘビモス以上の生命力だよ。」
「嬉しくない例えですねぇ。」
「だってアンタら、ヘビモス以上にめんどいし。預言にはこの世界は滅びるって書いてあったんだろ?それならヴァンが滅ぼそうがそんな変わんねぇじゃんか。」
「まぁ、そうですけどね。…ところでクラウン、今日はお喋りですね。」
「ん?アンタは気付いてそーだから無駄な気を張るのをやめただけだよ。」
「ふむ、そうですか。では、『ルーク』…そこを通してはいただけませんかねぇ。」
「えっ?!『ルーク』ってあの甘ったれで自己チューなお坊ちゃまのルーク?」
「レプリカの方ですわよね?」
「どうやったらあいつがこんなに強くなるわけぇ?」
「アニ~ス。少し黙っててくれませんかぁ?」
「は、はぁ~いv」
「ってか、旦那。いつから気付いてたんだ?俺がそっち側いる時は気付いてなかったよな??」
「えぇ、私とした事が先入観に捕われるなんて失態を犯してしまいました。わかったのはガイが彼以外に尽くすなんて思えないと言う理由からです。」
「ふぅ~ん。あ、そうだ。アニス。」
「ふぇ?」
「君の疑問だけど…ルークは元から強かったよ。ただ、君たちや俺とは違って優し過ぎただけだ。人を殺す事に躊躇さえ覚えなければ俺なんかよりずっと強かったんだよ…。」
「そうでしょうね。彼は軟禁されていたにも関わらず戦闘員として充分な戦力でした。普通に考えるなら軍人でもない彼が一般兵士よりも強いなどありえないのに…」
「へぇ~?反省でもしてるわけ?あのジェイドが?」
「…そうですね。らしくありませんでした。今、問題なのは貴方がルークだと言う事ではなく、貴方が敵だと言う事でしたね。」
「そーだよ。ったく、らしくねぇ事すんじゃねーっつーの!鳥肌立っちまったじゃねぇか!!」
「おや、それは失礼しましたv」
「はぁ…アンタの相手は疲れるぜ…。」
「ってかルーク。仮面外さねぇのか?いっつもうざいって言ってたじゃないか。」
「ん、そーだな。それから『ルーク』は捨てたって言ってんだろ、ガイ。」
「はいはい。」
「…話が逸れたのでもう一度言いましょう。ルーク、ガイ、見逃して下さい。」
「おいおい、ここまできて嫌がらせかよ。『ルーク』じゃねぇって言ってんだろ。」
「クラウンなんて言うのも皮肉じゃないですか。」
「『道化師』って?自分でつけたんだ。当たり前だろ。」
「…貴方たちを倒せばこの先に兄さんがいるのね?」
「あれ?ティアいたのか。喋らねぇからいないのかと思ったよ。…そうだな、いるぜ。アッシュと一緒に。」
「アッシュ?!何故アッシュがいるのです?彼は…」
「ん?ただ、俺たちが見逃しただけの話さ。ヴァンはアッシュを欲しがってたからな。」
「通して下さいっ!アッシュを…」
「あぁ、はいはい。ってな感じでティアは戦う気満々だし、ナタリアは一人で今にも飛び出しそうな勢いだし、アニスも気に食わなそうだけどジェイドはどうする?ってか、バラバラだなぁ…」
「えぇ、否定できませんね。私一人が妥協してもそれでおさまりませんし。」
「大佐っ!どう意味ですか!!」
「う~ん…旦那も大変だな。同情だけはするよ。」
「同情はいりませんから通していただけませんかねぇv私たちでは貴方がたに勝てる気がしませんし…」
「ジェイドが弱気なんて気味が悪いな。」
「弱気なわけでなく、自分を知っているだけですよ。私たちでは貴方がたに勝てない。そうでしょう?」
「んーまぁーそうかもな。ジェイド一人ならともかくなぁ…」
「まぁ!!私たちが足手まといとでも?」
「さぁね。じゃ、始めますか…」
「はぁ…交渉決裂ですか。」
「仕方ないさ。俺たちは敵だからな。」
「そーそー。世界が滅べば皆、公平だろ?俺はユリアの預言なんて興味ないけど預言通り滅んだ方が良いと思うんだよなぁ。」
「はぁ…悲しいですねぇ。」
「胡散臭いな、相変わらず。じゃ『血濡れのクラウン』参る!」
「『閃光のガイガルディア』参る。」
「お手柔らかに。私はもう歳ですからv」
「大佐、ふざけないで下さい。」
「そうですよぉ~!」


「はぁ~、この程度でヴァンを倒せるつもりだったのか。」
「チームワークもなってないし…これなら1対1の方がいいんじゃないか?」
「ふむ…貴方もそう思いますか?」
「すごく。」
「そうですか。で、また私たちを見逃すんですか?」
「見逃すって言っても殺さないだけでアンタらもう殆ど動けないだろ?」
「殆ど、ね。やはりわざとでしたか。」
「まぁね。動けるのに動けない。止められたはずのものが止められない絶望をプレゼントしようと思ってね。」「あぁ…だから彼女たちを止めなかったんですね。」
「満身創痍なのにヴァンを止めに行った馬鹿の事か?」
「えぇ。」
「当たり前だろ。無力な自分を知れば良いんだ。」
「旦那こそ、行かなくて良かったのか?あんたなら少しは持っただろうに…」
「私ですか?嫌ですよ、そんな面倒な事。少し持ったところで世界が滅びるのが決まっているなら楽な方が良いじゃないですか。それに私はそんなに世界に執着があるわけでもありませんし。」
「ふぅん…」
「ルーク、聞きたい事があるんですが…」
「クラウンだって言ってんだろ。…で、何だ?」
「貴方にはこの世界、どう見えますか?」
「はんっ、茶番だな。」
「その中でも一番滑稽なのは…」

「「「自分が世界を救えると思ってる馬鹿」」」

自惚れるのも好い加減にしろっ


拍手[4回]

PR

Comment
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[40] [36] [34] [31] [25] [21] [18] [16] [15] [14] [13
«  Back :   HOME   : Next  »
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新CM
[08/26 猿渡 火奈美]
[08/26 名無しの腐女子(笑)]
[07/12 リク魔人sei]
[07/28 たま]
[07/28 たま]
プロフィール
HN:
霧崎
性別:
女性
ブログ内検索
アクセス解析
バーコード
忍者ブログ [PR]