忍者ブログ
本能の赴くままに日記や小説を書いています。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


ノックが聞こえたので目が覚めていたルークは入室許可を出すとルーク付きのメイドが「失礼します」と礼を取ってから音を立てずに入ってきた。
「おはようございます、ルーク様」
「おはよう、ソフィス。気のせいかもしれないけど、いつもより早くないか?」
「いえ、気のせいではございません。公爵がお呼びです」
ソフィスの言葉にルークは「そうか」と呟くと立ち上がり、上着を羽織った。
「他に何か聞いてるか?」
「それが…共に登城するように、と」
「…へぇ。って事は軟禁の命が解かれたと解釈していいのかな?…まぁ、いいや。ソフィス、爵位を授かった時に戴いた子爵服を用意してくれないか?」
「既に」
ソフィスはそう言うと外に控えていたメイドを呼んだ。
そのメイドは黒の礼服を持ってルークの部屋に入り、その服をソフィスに渡すとルークに立礼をして下がった。
「ありがとう」
服を持ってきたメイドに礼を言うとそのメイドは頬を軽く染め「勿体ないお言葉…」と呟いた。
それが日常茶飯事なのでルークは特に気にしない。
「お手伝いした方がよろしいですか?」
普段ルークは一人で着替える。
主人の着替えの手伝いもメイドの仕事なのだが、慣れないルークが着替えは手伝わないでいい、と断ったからだ。
しかし、子爵服はいつもと勝手が違う。
なのでソフィスはわざわざ確認したのだ。
「あぁ、頼む。ボタン多くてわかりにくいんだよなぁ、コレ」
ルークは羽織った上着を脱ぎ、子爵服を見て苦笑した。
登城するなら正装しなくてはならないのだが正直なところこういう堅苦しい服は苦手なのだ。
「他は?登城する理由とか…」
「いえ…詳しい事は何も…」
「そうか…」
そう言いつつ、ルークには呼び出された理由がわかっていた。
親善大使としてアクゼリュスに向かえと言われる…あの悪夢の地へと。
ジェイドに会った時点で覚悟していた事だ、和平を理由にアクゼリュスに派遣される事は…
だが、やはり怖い。
「…どうかなされました?」
「いや、平気だ。…これでいいか?おかしいところは?」
一番上のボタンまでとめたルークはくるりと回ってみせる。
「…大丈夫です」
ソフィスはとめてないところやほつれているところがないか用心深くみたが見当たらなかったので表情を緩めて頷いた。
「じゃあ、行ってくるよ」
安心させるように笑うルークを見て、ソフィスは何故かルークが今にも消えてしまいそうな気がした。
「ルーク様!」
「ん?どうした?」
「待ってますから…必ず帰って来て下さい」
ソフィスがそう言うとルークは驚いたような顔をした後、嬉しそうに、だが悲しそうに笑った。
「ソフィスはやっぱりソフィスなんだな」
「え?」
「いや、気にするな。心配しなくても帰ってくるよ」
ルークはそれだけ言うと父が待っているであろう食堂に向かって歩き出した。
ソフィスはその後ろ姿を見ながら何も起きませんように、と心の中で願った。


――あとがき―――――――――――――
ソフィス漸く出せました。
でも、また出ない日々が始まります。
ってか女の子は難しい……

拍手[3回]

PR

Comment
Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[130] [129] [128] [127] [126] [125] [124] [123] [122] [121] [120
«  Back :   HOME   : Next  »
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新CM
[08/26 猿渡 火奈美]
[08/26 名無しの腐女子(笑)]
[07/12 リク魔人sei]
[07/28 たま]
[07/28 たま]
プロフィール
HN:
霧崎
性別:
女性
ブログ内検索
アクセス解析
バーコード
忍者ブログ [PR]